私が失敗した4つの英語勉強法!もしかしてその勉強法、間違ってない?

いい英語の勉強法を紹介した本や記事がたくさんありますよね。

今回は、英語力ゼロから日常会話レベルに達した私の失敗した英語の勉強法の話をします。

 

 

ですが、これはあくまで「英語がしゃべれるようになりたい!」、「外人とコミュニケーションを取りたい!」といった「英語を話す」ことに重点を置いてる場合です。

TOEICや英検・試験の為に勉強している方向けの記事ではありません。

なぜならわたしは試験等の為に勉強していなく、英語を話せるようになりたくて勉強しているからです。

わたしはテストが大っ嫌いです。(笑)

 

そしてだいぶ初歩的なお話なので、英語の勉強を始めたばかりの人や、勉強してるけどスピーキング力が全然上がらない、という人向けで書いています。

また、これはわたしが伸びなかった勉強法なので、もちろん全員に当てはまる訳ではありません。

 

ですが、英語が全然話せるようにならないよ〜といった悩みを持っている方の気づきになるかもしれないな、ということで記事にしました

それを踏まえて読み進めてくださいね!(保険かけすぎw)

 

いや待って?みいの英語力は?

 

いやいや待とうよ、あんた英語の勉強法語れるほど喋れるの?

そう思ったあなた!

 

喋れます。日常会話には困りません。

 

ただし、ビジネス英語なんてわからないし、(1回も勉強したことないw)ボキャブラリーが乏しいので、まだまだ勉強中です。

話すために英語を勉強した人はわかってくれると思いますが、英語を話せるようになるって本当に難しいです。

 

日常会話レベルって、結構難しいです。日常会話レベルにも達してない日本人は山ほどいます。

英語のテストで100点取ってる人でも、日常会話ができない人はたくさんいます。

 

わたしは英語のテストで100点を取れません。きっと。(受けてないのでわかりませんが)

あ、英検準2級までなら満点取れますけどね!!(笑)※それから上の級はまだ解いたことありません。

レベル低すぎですね、すいません。(笑)

 

これは、わたしの英語力が日常会話レベルに達するまでにやってきて失敗した方法の話です。

話す力が伸びないよ〜って人はもしかしたら間違った勉強法を続けてるかも。

 

ドラマや映画を見ているだけはNG

 

 

英語のリスニングを鍛える方法としてみんなが結構やっている方法は、英語でドラマ・映画鑑賞です。

英語でドラマや英語を見ることは、リスニング力やスピーキング力のアップにつながります。

ただ、そこに落とし穴があって、見ているだけで勉強しているつもりになりやすいです。(笑)

 

今日は1時間英語でドラマ見たし、今日の勉強終わりー!満足満足♪

 

これはわたしがオーストラリアにいた時に実際陥っていた状況です。(笑)

そりゃー、伸びません。勉強した気になっているだけ。日本語字幕で見てたらもう余計ダメですね(笑)

 

これをやっちゃってる人は今すぐに辞めてください!!(映画とドラマを見るのを辞めてと言っている訳ではありません)

ドラマと映画で英会話力を身につける勉強法はこちら!みいはこの方法を1ヶ月続けてだいぶ変わりました!!

1ヶ月でみるみる上達!映画・ドラマで英語の勉強

 

部屋にこもってテキストを黙々と解くのはNG

 

テキストを黙々と解く。毎日。何時間も。やってました、やってました。オーストラリアにいた時に。

英語を全く話せなかったわたしはテキストを1人で黙々と解いて、単語カードを作って覚えようとしてました。

 

テストに向けての勉強はこれでいいんだと思います。

英語を話せるようになりたかったわたしには最悪の勉強法でした。

全く意味がない訳ではもちろんありません。

ですが、スピーキング力は全く上達しませんでした。

 

それに、わたしの周りで英語が話せるようになっていく友人達は誰一人これをやっていませんでした。

(テキストを使って勉強をしていないという意味ではありません)

 

ずっとテキストで勉強していると英語を口にしていないので、いざ実際の英会話をするときに

→ 頭をフル回転させて英文を作ろうとする

→ 頭の中が真っ白になる

→ 何も話せない

となってしまいます。

 

メールや手紙などの文面で英語を書くことができても、スピーキング力は上達しません。

テキストを使って勉強することは間違っていません。

ただ、テキストを使って勉強するのであれば音読を必ずしましょう。

 

もちろん初心者の方は基礎が大事になってくるのでテキストを使って勉強しますよね。

絶対音読してください。

そうすると英語を口にすることに慣れるので、英語を話す時に結構楽になります!!

 

会話中に辞書を持参・使用しすぎもNG

 

英会話の勉強を初めてまもないときは語彙力が乏しいので、自分の言いたいことがなかなかうまく言えません。

そんな時に便利なのが辞書!

 

わたしは、いつでもどこでもいっしょ。電子辞書を手放しませんでした。

電子辞書は大ピンチのときにいつでも助けてくれるスマートで頼れる素敵な彼氏と化してました。(笑)

 

これは勉強法とはいわないかもしれませんが、いつでもどこでも辞書を使うのは良くないです。

 

友達との会話中に「アイ・・・ (なんだっけ、単語わかんない)・・・ジャ、ジャスト ア モーメント プリーズ!」

そして辞書で調べる。これ良くありません。

 

会話は一人で成り立つものではありません。相手がいて、初めて会話が成り立ちます。(独り言は別ですがw)

 

相手はあなたが辞書を使って調べている間、何をしていますか?

はい、待っています。優しい人はいつまでも待ってくれます。

 

ですが、毎回会話が止まって、調べて・・・を繰り返すのは、相手に申し訳ないです。

 

じゃあ、どうすればいいの?単語知らないんだもん、しゃべれないじゃん!!!!

そうですよね、わかってます。その気持ちは痛いほどわかります。

 

でもそんな時は他の単語を使ってわからない単語を説明してみましょう。

 

これをすることによって、スピーキングの練習にもなりますし、なにより会話が止まりません!

 

そして英語を一生懸命使って説明した単語を相手が教えてくれた時には「それかー!!!!!」となるので、覚えやすいです。

 

絶対に使うなとは言いませんが、使わない努力をしましょう。

英語を英語で説明する努力をしましょう。

 

 

発音のカタカナ表記もNG

 

単語をぱっと見ても、発音がわからない単語ってたくさんありますよね!本当やんなっちゃいます!!!

そんなとき、わたしは単語にカタカナでどう発音するか書いていました。

 

例えばTheodore(セオドア)※男性名

 

Theodoreを探している時に会った友人に「彼を見た?」って聞こうとして

「ハブ ユー シーン セオドア?」

なんて聞いたって「セオドアってなに?おいしいの?」って言われちゃいます。

 

Thの発音やRの発音はカタカナに置き換えて表すことはできません。

でも発音記号なんか書けないし、どうすりゃいいの?

 

はい、まずは50個ある発音記号と発音の仕方を覚えましょう。

50個も?!多すぎ!無理無理!!!!

 

わたしも最初はそうでした。

でも、逆に考えたら50個しかないんです。日本語の発音総数100個以上あります。

 

ここは頑張りどころです!

 

発音悪くたって、英語伝わるじゃん!発音気にするなって言ってる人いるじゃん!

はい、発音が悪くたって伝わることもあります。

発音を気にしてたら話せなくなるっていうのもわかります。

 

発音が悪くても英語は伝わりますが、それは同時に相手にパワーを使わせるということです。

相手はこちらの発音が悪くても、理解しようと努力してくれます。

 

でもわたしは、相手の努力頼りの会話はしたくありません。

わたしはできるだけ相手がわたしの英語を理解しやすいように努力します。

 

正しい発音を覚えると、聞き返されることも減るのでスムーズな会話ができます。

※みいの発音は完璧ではありません。苦手な発音があります。練習中です。

 

スムーズな会話をしたかったら、発音を勉強するのも大切だとわたしは思っています。

 

わたしは自分の発音を矯正し始めたら

会話がスムーズに行くようになって

英語を話すのがより楽しくなって

会話をする時間が増えて

結果スピーキング力が上達しました。

 

なので発音の勉強をするのはオススメします。

 

発音のカタカナ表記はいますぐやめましょう!

 

これらをやめたらスピーキング力がアップ!

 

実はわたし、ニュージーランドでスピーキング力が格段にアップしたんです。

 

理由は何個かあるのですが、「これらの間違った勉強法をやめた」というのが理由のひとつです。

 

人それぞれ、自分に合う勉強法があると思います。

ですが、わたしを含めわたしの周りで上記の方法で勉強している人たちはスピーキング力が上がっていませんでした。

 

その効率の悪い勉強方法、やめてみませんか?

 

【英語初心者必見!】英会話の独学に使える教材・本16選!!【タイプ別】【完全初心者向け】挫折しないために!簡単な英語勉強の始め方!海外旅行の必需品!翻訳機「ili(イリー)」のレビュー!便利すぎ!私が失敗した4つの英語勉強法!もしかしてその勉強法、間違ってない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)