諦めないで!ワーホリに20万円で行く方法大公開!

 

今回はワーホリに20万円で行けちゃう秘密を大公開しちゃいます!

 

そんなことできるわけないよ!

みんな100万は貯めてからって行ってるよ!

そんなことないんですよ。

 

ワーホリ行けないけど貯金ないしなぁ・・・って諦めかけてるそこのあなた!

 

100万貯めてからじゃないと行けないよね?

何年かけて貯金するつもりですか!

 

わたしのモットーは

なにも考えずにとりあえず行動する。失敗したら解決策を考えればいい。

そして2度と失敗しないようにする!

 

でもやっぱり心配……って人、これを読んでみてまた考えてください!

※オーストラリアのニュージーランドでのワーホリを経験した上で紹介しています。

 

ワーホリ後の仕事は?ワーホリで出会った仲間の現在と過去を紹介します。

 

20万円の内訳

 

簡潔に行きましょう!内訳なんてたったの3項目!

 

◆オーストラリアの場合

VISA代 約4万円
航空券(片道) 4〜6万円
生活費(4週間) 10万円
20万円

 

VISAはネット上で取得できます。

航空券は安い時1万5000円とかで取れちゃう時もあるので、日頃からチェックすること!

生活費は4週間(約1ヶ月)で計算しました。

 

◆ニュージーランド

健康診断 約1万円
航空券(片道) 5〜7万円
生活費(4週間) 10万円
18万円

 

なんということでしょう!!!2万円浮きました!

ニュージーランドではVISA申請料がないのです!!なんと財布に優しい……(嬉泣)

※セカンドビザは申請料(NZ$208)がかかります。
※セカンドビザ:3ヶ月延長できるVISA(取得には条件あり)

 

その代わりに健康診断が必須条件になります。航空券もセールの時はもっと安くなります。

生活費はオーストラリア同様10万円設定です。

 

費用を抑えるコツ

 

簡単にに20万円だけでポーン!とワーホリに行ける訳ではありません。

そんな上手い話はないです。(笑)ちゃんと節約はして行きますよ!

 

1:エージェントは利用しない

 

初めてワーホリに行く方はほとんどの方が利用しているであろうエージェント

彼らはお金を払えばほとんどのことをサポートしてくれます。

 

VISAの申請だって代行してやってくれます。

空港にだって迎えに来てくれます。

 

でも今の時代、VISAの申請方法はネットに上がってます。

空港から都市部への行き方も親切に写真付きでネットに上がっています。

空港ピックアップは完全にぼったくりプライスなので、わたしは絶対に利用しません。

 

2:航空券は節約できるだけ節約すべし!

 

航空券はよくセールをやっています。

 

節約する方法としては

スカイスキャナーなどの比較サイトを利用

日頃からチェックして安い時を狙って予約

乗り継ぎが多いものを選択

 

わたしは国内外どこへ行くにもまずはスカイスキャナーで価格をチェックしています!

格安航空券の比較 スカイスキャナー | 国内・海外・LCC飛行機チケットの最安値検索

 

日頃から価格をチェックして安い日を選んで予約しましょう!

乗り継ぎの多いものですが、疲れます!(笑)とても!!!!

でもわたしの友達である節約の王はそんなことは気にせず、所要時間が34時間などを利用します(笑)

1万円以上差が出ることもあるので、気にしない人はこの節約法も使いましょう。

 

3:保険はクレジットカード付帯を利用する。

 

最初の3ヶ月をカバーできるクレジットカード付帯保険を利用して節約!

その後の保険は、現地で稼いで契約しましょう!

 

ちなみにわたしはニュージーランドでこの付帯の保険で入国し、その後他の保険を契約することはありませんでした。(笑)

本当は入った方がいいですよもちろん!病気だけではなく、海外では盗難などもあるので!

ただニュージーランドで会った日本人達はほぼ保険に入ってませんでした(笑)

結構みんな危ない生き方をしてます(笑)

 

4:学校に行かない

 

学校にどうしても行きたい人は、今回の話はここで諦めてください。

学校に行かなくてもワーホリに行っていれば、英語が伸びる機会なんて自分次第でたくさん作れます。

もしくは向こうに着いてから、アルバイトをしながらお金を貯めて、十分がお金が溜まってから行きましょう。

 

現地に着いてやること

 

さあ約10万円を握りしめて着いたあなた!

これからその国に長期滞在するのです!

現地についてから残りの10万円で過ごすためにやることはなんでしょう?

※口座を開いたり、携帯を契約するといった現地について基本的にやることは説明していません。

 

1:仕事を探す

 

これは当たり前の話になりますが、お金がないので仕事を探しましょう(笑)

 

英語が全く話せない人でも日本食レストランなら面接も日本語のことが多いし、大きい街であればすぐに決まるでしょう。

日本語で仕事が探せるサイトもあります。

 

また、郊外に出てファームジョブと呼ばれる農業をする選択肢もあります。

農業はほとんど面接する必要がなく、すぐに働ける人を募集していることも多く、更に滞在できるシェアハウスを紹介してくれることもあります。(家賃・食費は自費)

 

決まればこっちのもの!

ほとんどのところが週払い、もしくは2週に1回払ってくれます。

これでその後の生活は大丈夫ですね、辞めない限り!!!(笑)

 

オーストラリアで働く!必ず見つかる仕事の探し方・コツ

 

2:住む場所を探す

 

まず、着いてから滞在するのはパックパッカーズか、Airbnbで見つけた宿です。

ホームステイという選択肢もありますが、体験したことないので専門外の分野です(笑)

そこには仕事とシェアハウスを見つけるまでの1〜2週間滞在します。

 

家賃が一番お金がかかるので、どれだけ仕事とシェアハウスを早く決めるかが決め手となりますね!

 

ニュージーランドで見つかるフラット(シェアハウス)の探し方!

 

自信を持ってワーホリに行こう!

 

これであなたはたった20万円でワーホリに行けちゃいます!

心配性の人には難しい方法かもしれませんが(笑)

 

わたしはもっとたくさんの人にワーホリに行ってほしいです。

 

日本じゃできない経験が絶対にできます!!!

ワーホリはわたしの人生を変えてくれました。

 

ワーホリを望むひとりでも多くの人がワーホリに行けますように。

 

 

海外旅行・留学・ワーホリにおすすめミニバッグ10選【盗難防止】【楽天カードのレビュー】海外旅行・ワーホリ・留学にオススメ!ワーホリに行ったら虫嫌いが直った!虫嫌いさんこそファームで働こう友達が瞑想で人が変わった……感じた瞑想の危険性。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)