【保存版】ワーキングホリデーの基本情報 in ニュージーランド

にゃんこ

ニュージーランドのワーホリってどうなんだろう?

にゃんこ

ワーホリ情報が溢れ過ぎてて情報のピックアップが面倒……

 

この記事はそんなあなたにぴったりの、ニュージーランドワーキングホリデーの基本情報を簡単にまとめた記事です。

 

ワーキングホリデーの基本情報

 

ワーキングホリデーとは

 

1年間その国で住むこと、学校に行くこと、旅行、働くことが許されている、長期滞在ができるビザです。

 

18歳から30歳の日本国民であれば取得できます。※申請日に18歳以上で31歳になっていないことが条件です。

 

観光ビザでは働くことが許されていませんので、観光ビザとは全く違ったビザです!!!

 

その他細かい条件
・ワーキングホリデービザで過去に入国したことがないこと
・扶養する子供が同行しないこと
・日本国のパスポートを保持していること
・申請日・ビザ発給日にオーストラリア国外にいること

 

ワーキングホリデーの魅力は?

 

ワーキングホリデーの魅力は自由な時間を過ごせること。

 

学校に行きながら働くこともできて、働きながら旅行もできるし、いろんな国からたくさんの人がワーホリに来ているので、たくさん友達もできます!

※1雇用主のもとで最長6ヶ月働くことが可能
※最高4ヶ月まで学校に行くことが可能

 

【超簡単】留学・ワーホリ中に外国人の友達をたくさん作る方法!

 

普段旅行するときは「〜行って、〜をして!」という計画を立てると思いますが、ワーホリ中はたくさん時間があるので、ゆったりとした旅行ができるのも魅力です!

 

旅行してばっかりじゃお金がなくなっちゃいますが、なくなってきたらまた新しい土地で仕事をして、貯まったらまた旅に出る!といった人もたくさんいます。

 

そういった日本での生活と全く違う生活をできるという最高のビザなんです!!!!!!

 

ニュージーランドの特徴

 

ニュージーランドは、日本と似たような形をしている島国です。

 

ただ、南西太平洋オセアニアに位置しているので、日本とは季節が真逆です。

 

人口は約4,693,000人と少なく、混雑しない穏やかな生活を送ることができます。

 

山や湖など、美しい自然がとても多く、絶景が見れるトレッキングコースもあり、登山やトレッキングが好きな人におすすめの国です。

 

また、水道水も飲料水として飲むことができ、街も綺麗に整備されていて、道にゴミが落ちていることも少ないです。

 

【保存版】ワーキングホリデーの基本情報 in ニュージーランド

 

ニュージーランドは絶景の宝庫

 

ニュージーランドには、世界的に有名な絶景ポイントがたくさんあります。

 

・世界一綺麗な星空が見れると有名なLake Tekapo(テカポ湖)

・初心者でも挑戦できる短いトレッキングコースもある世界遺産Mount Cook(クック山)

・氷河の上を歩ける氷河ウォークを体験できるFox Glacier(フォックス氷河)

・雨の日でもたくさんの滝が楽しめる世界遺産Milford Sound(ミルフォードサウンド)

・早朝の散歩が気持ちいい!穏やかできれいな湖のあるTe Anau(テアナウ)

 

その他にも数多くの絶景ポイントがあり、大自然に触れ、非現実的な体験ができます。

 

【完全保存版】ニュージーランド主要都市の空港から市内への行き方まとめ!

ニュージーランドでできる仕事

 

ニュージーランドでは、春〜夏の期間はたくさん仕事があり、簡単に見つけることができます。

 

しかし、秋になるとどんどん仕事が減り、冬は激減してしまうので、冬の仕事探しに苦労しているワーホリメーカーがたくさんいます。

 

ニュージーランド で働く!仕事の上手な見つけ方。仕事はこう探せ!

 

1番人気の仕事は、オークランドなどの都市部のカフェやレストランでのウェイター・ウェイトレス・キッチンハンドです。

 

特に、英語が話せない人でも、ジャパレスと呼ばれる日本食レストランであれば仕事が見つけられます。

 

その他の仕事は、ホテルのフロント・ツアーガイド・日本語教師・ベビーシッター・オフィス・農業などがあります。

 

私は農業が楽しくて、ずっとやっていました(笑)稼げるし、面接もないし!

 

楽して最高時給$50の秘密!女子がニュージーランドのファームで稼げた!

 

色々な国のたくさんの友達もできて、その友達と一緒に働くことができるので部活みたいで楽しかったのと、劇的に英語が伸びました!

ニュージーランドでワーホリしよう!

 

ニュージーランドでのワーキングホリデーは、英語を伸ばしたい人・旅行したい人にぴったりの国です。

 

オーストラリアに比べて、田舎町に行くと日本人がとても少なく、英語環境に浸りやすい国です。

 

行くお金ないよ〜って人は、20万円で行く方法もありますよ!

 

諦めないで!ワーホリに20万円で行く方法大公開! 【超簡単】留学・ワーホリ中に外国人の友達をたくさん作る方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)