適度なポジティブになるための7つの方法!適度なポジティブは人生を変える

にゃんこ

ポジティブになりたいな。ネガティブ卒業したい。

 

【この記事でわかること】
✔︎適度なポジティブとは
✔︎適度なポジティブがいい理由
✔︎ネガティブを改善する方法
✔︎適度なポジティブになる方法

 

適度なポジティブになるための7つの方法

 

この世にはネガティブな人もいればポジティブな人もいます。

 

ネガティブな人は、ポジティブになりたくてもポジティブにはなかなかなれないんですよね。

 

わたしが極度のネガティブだった頃、なにがあっても心が折れないスーパーポジティブの人はもう、どういった精神状態!?って思ってました。(笑)

 

そうなんです、わたしはネガティブを卒業したんです完璧に、ではないですが。ここがポイントです。

 

・極度なポジティブの意外な落とし穴

 

ポジティブならスーパーポジティブのほうがいいんじゃないの?と思ったあなた!

 

ポジティブは行き過ぎると悪影響もあるんです。

 

 

【ポジティブ過ぎる人の典型的な例】

失敗したときに前向きに考えすぎて解決策を考えない

ポジティブ過ぎる人は仕事やプライベートでも、何か間違いを起こした時に「今回だけさ」「なんとかなる」と解決策を考えなくなってしまいます

 

ちょっとした変化に気づくことができない

ポジティブ過ぎる人は注意能力に欠け小さなことに気を配れません小さなミスを見逃して大きな問題にしてしまうことがあります

 

自分と違う意見を尊重できない

ポジティブ過ぎる人は、自分の考えが一番正しいと思っている人が多く、自分と違う意見を真っ向から否定しがちです。

 

ネガティブの人の気持ちを考えられない

ポジティブ過ぎる人は、ネガティブな人の考え方を理解することができずアドバイスと言いながら自分の意見を押し付けてしまいがちです。

 

周りが見えなくなってしまう

ポジティブ過ぎる人は、マイナスなことは一切考えずに行動してしまうので、周りの人や環境を無視して行動してしまいます。結果周りの人に不快感を与えてしまうこともあります。

 

ネガティブな感情や発言、考え方を否定する

ネガティブな感情は必ずしも悪いこととは言えません。しかしポジティブ過ぎる人はネガティブな感情は邪魔だと捨ててきた人なので、ネガティブなことは否定してしまいます。

 

ポジティブが行き過ぎたがために追い込まれてしまう

ポジティブ過ぎる人は、ネガティブな感情が生まれてしまうとそれを許すことができずどんどん自分自身を追い込んでいってしまいます

 

現実逃避をしてしまう

何か問題が起きた時、「何か楽しいことをすれば忘れられるさ」「時間が経てばなんとかなるさ」としっかりと問題に向き合わず現実逃避をしていまいます。

 

ポジティブはいいことですが、行き過ぎたポジティブには悪影響があります。なのでわたしは適度なポジティブをおすすめしています!

 

・ネガティブのいいところ

 

次はネガティブだっていいところあるんだ!ということでネガティブのいいところを紹介します。

 

【ネガティブのグッドポイント】

最悪な状況を想像でき、細心の注意を払える

ネガティブの人は常に最悪な状況や結果を想像できるので、そうならないよう細心の注意を払うことができます

 

問題が起きた時、しっかりと解決策を考えることができる

ネガティブな人は、問題が起きた時にしっかりと向き合い、なぜこうなってしまったのかを考えることができるので、しっかりと解決策も考え出すことができます

 

問題を最小限に抑えることができる

ネガティブな人は心配性で危機感を持って行動していますミスがないように細心の注意を払い、確認を怠らないので、問題を最小限に抑えることができます

 

ネガティブは必ずしも悪いとは限らないのです!このネガティブを少しポジティブにつけたしてあげると、最強のポジティブになれます。

 

・適度なポジティブがいい理由

 

わたしは適度なポジティブになってから、人生がうまく行き始めました。

 

適度なポジティブとは、基本的にポジティブ思考で生活をし、少しのネガティブ思考で問題発生や現実逃避を防ぐポジティブとネガティブのいいとこ取りなことをいいます。

 

行き過ぎたポジティブにならない為に、ネガティブ思考も必要なのです。

 

適度なポジティブ思考になれると、マイナスなことを基本的に考えず、生きるのが楽しくなります

 

そしてポジティブなだけでは見逃してしまいそうなミスなどに注意を払い、将来に起こりうる問題も想像し、前もって対策をとることもできます。

 

・適度なポジティブになる方法

 

それでは本題です。どうすれば適度なポジティブになれるのでしょうか。ここでは適度なポジティブになる方法を紹介します。

 

まず大切なのは、今持っているネガティブ思考を改善していくことです。ここでしっかり直す必要はありません。改善できればOKです。

 

なぜなら、適度なポジティブとはポジティブとネガティブのいいとこ取りだからです。少しのネガティブが必要です。

 

わたしが実際にネガティブを改善し、適度なポジティブになれた方法を紹介します。

 

1.ポジティブな人とできる限り一緒に過ごす

わたしの場合、元彼がポジティブな人でした。

 

ネガティブなわたしにいつもポジティブな言葉をかけてくれました。ネガティブを改善できたのは、彼の力が結構大きかったと思います。感謝!

 

2.ポジティブな名言に毎日触れる

世の中にはポジティブな名言がたくさんあります。

 

その名言たちに毎日触れることで自分の中にポジティブな言葉や考え方が植えつけられ、徐々にネガティブ思考が改善されます。

 

 

3.ポジティブになれる本を読む

ポジティブになりたくて、ポジティブになれる本を読みました。

 

わたしはその本の中でも大切にしたい筆者のポジティブな考え方メモしてネガティブになった時に読み返してました。

 

 

4.明るい音楽を聞く

音楽の力は素晴らしいです。

 

ネガティブ思考になってしまったときは自分のお気に入りの明るい前向きな歌を聞きます

 

https://thisismefuji.net/utapass/

 

5.無理にポジティブになろうとしない(←大事!)

無理にポジティブにポジティブになろうとしてもなれるものではありません。

 

ポジティブに無理やりなろうとしてなれないと、ポジティブになれない自分を責めてしまい、結果ネガティブを改善することが難しくなります

 

https://thisismefuji.net/dont-be-shy/

 

6.ネガティブ思考な性格を少し残してポジティブに足す

ネガティブな感情を持つことは悪いことではありません

 

先ほども紹介したように、ネガティブ思考な人は最悪な状況を常に考えることができたり、危機管理能力があります

 

ネガティブな感情を完全否定するのではなく、すこしのネガティブな感情は自分の中で許しましょう。人生をうまく行きていくには、ネガティブな感情も少しは必要なんです。

 

7.ネガティブな口癖をやめよう

ネガティブな感情は残していいと言いました。がしかし!ネガティブな口癖は全て捨てましょう

 

言霊という言葉があるように、口にしたネガティブな言葉にも力があります

 

あなたがネガティブな言葉を発した瞬間、あなたの中でネガティブ思考が生き生きと働き出してしまいます

 

マイナスな発言は、気持ちも簡単にマイナスにしてしまいます。

 

ネガティブな言葉の代わりに、意識的にポジティブな言葉を使いましょう!

 

 

適度なポジティブになれば人生が変わる!

 

適度なポジティブになるためには、ネガティブな自分も少し残すので完璧なポジティブになる必要がなく、自分をそこまで変える必要がありません。

 

適度なポジティブは基本的にポジティブ思考で生活しますが、少しのネガティブ思考で問題発生を防ぎます。

 

ポジティブとネガティブのいいとこ取りの適度なポジティブになって人生を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)