【マウントクック】簡単なコースで見れるこの絶景は絶対ハズせない!

にゃんこ

みんなマウントクックは景色が素晴らしいって言うけど、ひとりだしな〜どうしようかな〜

にゃんこ

誰かと行かないとつまらないかなー。ひとりじゃ不安だな。

 

ニュージーランドにワーホリ中のあなた!ひとりでマウントクック……不安になりますよね。

 

でも大丈夫!マウントクックはひとりだって行けます!行き方も簡単です。

 

ひとりだからって諦めないで!わたしもひとりで行ったから!!

 

マウントクック(Mt.Cook)は、絶対に絶対に絶対に行くべき場所です!

 

この記事でわかること
✔︎マウントクックの基本情報
✔︎マウントクックのおすすめポイント
✔︎マウントクックへ行く際の持ち物リスト
✔︎マウントクックへ行く際の おすすめ宿

マウントクック(Mt.Cook)ってどんなとこ?

 

マウントクック(Mt.Cook)の正式名称は「アオラキ マウント・クック」です。

 

日本語では「クック山(くっくさん)」とも呼ばれていますね。

 

 

このマウントクックは、ニュージーランドの南島にあり、「ニュージーランド最高峰の山」とも言われている、標高3,724mのとても大きくてきれいな山です。

 

マウントクックは天気が変わりやすいため、登頂するのは難しいと言われています。

 

 

しかし、マウントクックには初心者にも優しいトレッキングコースがあります!!!

 

平坦な道が多く、登り下りがとても少ないんです。

 

みい

実はわたし、登山もトレッキングも苦手。(笑)でも優しいコースだったから楽しめました!

 

今回はその初心者にも優しいトレッキングコース「フッカー・バレー・トラック」を紹介します!

 

【完全保存版】オーストラリア主要都市の空港から市内への行き方まとめ!

 

おすすめコース「フッカー・バレー・トラック」

 

今回紹介する初心者にも優しいトレッキングコース「フッカー・バレー・トラック(Hooker Valley Track)」です。

 

このコースの所要時間は往復約3時間と短いため、小学生からお年寄りまで幅広い年代の人に人気のコースです。

 

このコースの目的地は「フッカー湖」と呼ばれる湖で、その湖には氷河があるのです!!

 

 

私が行った時期は夏だったのですが、夏でも氷河が見れるんです!!

 

この氷河を見るために、たくさんの人がフッカー湖を目標に歩いています。

 

 

往復3時間の間には、写真のような絶景が続いています。

 

綺麗な山に囲まれた360度の絶景は圧巻です。

 

みい

山を登らなくてもこの景色が見れるって、登山嫌いには朗報じゃないですか?!(笑)

 

フッカー湖までは3つの吊り橋を渡ります。

 

どの吊り橋も、絶景を見ながら、下を流れる川のきれいな水を眺めながら、水の流れる音を聴きながら渡ることができます。

 

 

入場料無しで、たった3時間のトレッキングでこんな景色が見られるなんて、そんな場所他にあるでしょうか?!

 

マウントクック(Mt.Cook)へ行く際の持ち物リスト

 

では、マウントクック(Mt.Cook)に行く際のおすすめの持ち物リストを紹介します!

 

1. 長袖の上着

 

マウントクック(Mt.Cook)は気温が変わりやすく、雨が降った時にはそれはそれは寒いです。

 

夏でも山に雪がかかっているほど寒いので、長袖の上着は必需品です。

 

ただ、快晴の日は歩いていると暑くなるので、中には薄手の長袖や半袖を着るのがおすすめです。

 

 

2. 飲み物

 

マウントクックのトレッキングコースでは、もちろん飲料水を買うことはできません。

 

必ず飲み物を持参するようにしましょう。

 

おすすめは折りたためるタイプのシリコン製のマイボトルに水を入れていくと、帰りに折りたたんでコンパクトにできるのでおすすめです。

 

また、プラスチック製の軽いボトルでもいいですね!

 

 

3. 軽食やランチ

 

目的地のクック湖では、岩がたくさんあって座れるようになっています。そこで軽食やランチを取っている人が多くいました。

 

飲料水同様にトレッキングコース内では食べ物も買えないので、軽食やランチを持って行くのがおすすめです。 

 

ランチボックスやお弁当箱を持って行く人は、軽くて折りたたみできるのがおすすめです。

 

Urijk お弁当箱 シリコン折りたたみ容器 お弁当用 寿司 手作業 通勤 通学 しる漏れなし 保存容器 折り畳み (350ML)
Urijk

 

4. GoProやカメラ

 

360度絶景に囲まれているマウントクックでは、カメラは必須アイテムです。

 

少々価格は高くなりますが、GoProだと広い範囲を写真におさめることができるでおすすめです。

 

また、GoProは一眼レフなんかよりもだいぶ軽いので、3時間のトレッキングにぴったりです。

 

また、ミラーレスのカメラも比較的軽いのでおすすめです。

 

 

5. サコッシュ(携帯や財布などの貴重品用)

created by Rinker
BEN DAVIS(ベンディビス)
¥4,290 (2020/02/29 19:35:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

写真を撮るときに、重たいリュックを下ろしてカメラを持って撮る場合もあるかと思います。

 

その際の携帯や財布などの盗難を防ぐために、サコッシュなどの小さいバッグに貴重品を入れて肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

 

created by Rinker
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)
¥4,180 (2020/02/29 19:35:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

海外旅行・留学・ワーホリにおすすめミニバッグ10選【盗難防止】

 

6. 帽子

 

快晴の日のマウントクックでは、たくさんの日差しを浴びます。

 

そして日陰がほとんどありません。

 

帽子は必需品です。日焼け止めも塗りましょう!

 

created by Rinker
Champion(チャンピオン)
¥2,653 (2020/02/28 20:49:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

マウントクック(Mt.Cook)へのアクセス方法

 

マウントクックへは、テカポ(Tekapo)から、もしくはトゥワイゼル(Twizel)から行くことができます。

 

テカポ(Tekapo)とトゥワイゼル(Twizel)のどちらからも「クックコネクション(The Cook Connection)」というバスを使って行くことができます。

 

また、夏の期間であれば、トゥワイゼル(Twizel)からだと日帰りで帰ってこれますよ!

 

クックコネクション(The Cook Connection)はこちらから(英語)

 

テカポ(Tekapo)から行く

 

テカポ(Tekapo)から行く場合の料金は、片道$40、往復 $75です。

 

タイムテーブルも紹介します!(2018年11月22日現在)

 

 

クックコネクション(The Cook Connection)の予約はこちらから(英語)

 

トゥワイゼル(Twizel)から行く

 

トゥワイゼル(Twizel)から行く場合の料金は、片道$28、往復$51です。

 

タイムテーブルも紹介します!(2018年11月22日現在)

 

 

クックコネクション(The Cook Connection)の予約はこちらから(英語)

 

宿の探し方

 

テカポやトゥワイゼルには安価な宿があるので、宿泊場所にも困りません。

 

また、マウントクックにも宿がありますが、値段が高くなります。

 

「Booking.com」というサイトで宿泊場所に「テカポ」もしくは「トゥワイゼル」を指定して安い順に並び替えると、安価な宿が出て来ます。

 

また、マウントクックに泊まりたい人も「マウントクック」と入れると宿がでてきますよ!

 

Booking.comでの宿泊先予約はこちらから(日本語)

 

みい

わたしの場合はトゥワイゼルに宿を取って、日帰りでマウントクックに行きました!

 

 マウントクック(Mt.Cook)はひとりでも楽しめる絶景の宝庫

 

マウントクックはテカポやトゥワイゼルから、バス1本で簡単にアクセスすることができます。

 

また、バスもネット予約できるので、英語が話せない人も安心です。

 

マウントクックはニュージーランドを代表する国立公園なので、ニュージーランドに行く際は紹介したトレッキングコースに行ってみてください。

 

写真では伝わらない、圧巻の絶景を見ることができますよ!

 

ニュージーランドの隠れた名所!タウポの滝「フカフォール」【迫力満点】 【保存版】ワーキングホリデーの基本情報 in ニュージーランド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)