堀江貴文『多動力』に学ぶ!人生を豊かにするために価値観を変えよう

 

ベストセラー書籍である堀江貴文さんの【多動力】を読んでみました。

ポンコツな私が一生懸命書評をするコーナー。(今思いつきで作りましたw)

普段読書なんてできればしたくない!精神のわたしが最後まで一気に読みきった本です。

素晴らしかった!

 

 

なんだか自分の生き方が肯定されたと勝手に思ってます(笑)

 

多動力とは?

 

堀江さんの言う多動力とは

大量の仕事をこなすための、技術ではない。

命が果てるまで、1秒残らず人生を楽しみきるための、生き方である

引用:多動力

 

1日24時間を充実させるために、いくつもの自分の興味があることを同時にこなす力。

 

この力をつけることによって、1日24時間がワクワクで埋め尽くされ、日々を夢中で送れると堀江さんは語っています。

 

「石の上にも三年」の時代は終わった

 

最近は新卒1年目で仕事を辞める人が増えています。

でもまだ新卒1年目で仕事を辞めることに対して、マイナスイメージを持つ人が多いのが現実です。

 

この本で堀江さんは、「価値観を根っこから変えてほしい」と語っています。

 

日本人は「石の上にも三年」「一つのことをコツコツやる」のが

正解という価値観から脱せられていない。

引用:多動力

まさにその通り。

 

わたしも実際新卒1年目に会社を辞めているので、

今辞めたら絶対に後悔するぞ

1年も仕事が続かない人は何も続かない

と言われてきました。耳が痛くなるほど。

その頃は転職することすらネガティブなことでした。

 

今でもわたしの経歴を聞くと「あぁ……」となる人はいる。

「あぁ……この人すぐ辞めちゃうんだ。やば。」というこころの声がガンガン聞こえてますよー(笑)

 

辞めれば経歴が増える

経歴が増えるほど再就職は難しい

 

これはすぐ辞める人→何も続かない人となってしまっています。

 

今まで誰も私の生き方を肯定してくれませんでした。

この本が初めて、たくさんのことに挑戦して来たわたしの生き方を肯定してくれました。

 

「新卒で就職した会社には、最低でも3年勤めましょう。」

 

そんなこと誰が決めたんだー!!!!

仕事を何年も続けられることはすごいけど、転職を否定する理由なんてどこにもない。

 

この価値観のせいで、私の新卒〜ワーホリに行くまではわたしの世界はモノクロでした。

無理やり続けることない。3年経ったら世の中なんて変わってる。

 

わたしは自分の経歴を恥じていました。

それがワーホリに行って価値観が変わりました。

その価値観をこの本が私の価値観を肯定してくれました。(勝手に肯定してくれてると解釈していますw)

 

堀江さん大好きー!(単純)

 

世間はわたしをフラフラしている人間だと認識しています。

 

再びワーホリに行けば

 

「まだ行くの?(笑)どんだけー」

「いい歳なんだから1つの仕事続けたら?」

 

いい歳なんだから…日本人は年齢の価値観もおかしい。

 

何歳になったって、興味があればなんだって挑戦していい。

 

日本人はみんな他人の年齢を気にしすぎている件。過ごしづら。

 

三つの肩書きを持てば、あなたの価値は1万倍になる

 

あなたの代わりがいる限り、あなたの価値は上がらない。

あなたが辞めたって代わりがいる、そんな会社にいたってあなたの価値は上がらない。

 

自分には目立った特技がないし…

そりゃあ代わりいるよ…

 

昔のわたしです。

 

複数の肩書きを掛け算し、レアな存在になろう。

引用:多動力

これはどういうことかというと、1つのことにたくさんの時間をかけて取り組むことで、誰だって「100人に1人」になれる。

そして興味がある別の分野にたくさんの時間をかけて取り組む。

 

それを繰り返すと

「100人に1人」×「100人に1人」×「100人に1人」「100万人に1人」の逸材になれる。

こうすると途端にあなたはとってもレアな存在

 

堀江さんの持つ肩書きはたくさん。

実業家コンサルタント×プログラマー×作家×コメンテーター
×クイズタレント×エンターテインメント・プロデューサー
×ロケット開発者×飲食店プロデューサー×マンガ事業
×オンラインサロン主催者×アプリプロデューサー
×予防医療普及協会×Jリーグアドバイザー×大阪万博特別顧問×
映画プロデューサー×服役経験者×…

 

ものすごい数ですね。そりゃあメディアにも取り上げられます。

 

堀江さんになるのが目標!とまでは言いませんが、たくさん肩書き持ってる人も魅力的だよなぁと思い、興味があることにはどんどん挑戦していこうと思いました。

わたしのワーホリの経験談を織り交ぜて語っています。▼

レアな存在になって自分の価値を上げよう!今すぐ行動した人が勝つ!もうあれこれ考えるのをやめよう

 

「自分の時間」を取り戻そう

 

お前にあげる時間はねえよ

引用:多動力

この章の考え方に「なるほどー!!!」となったわたし。

 

ここで堀江さんは、「電話」というツールは、「自分の時間」を奪う最たるものと語っています。

これは考えてみれば本当にそうだと思います。

 

電話がかかってくる→出るという作業が当たり前になっていたので、これを削るという考えはなかったです。

 

「驚くべきことに、メールやファクスを送ったあとに『今メールを送りましたから』、『今ファクスしましたから』と電話を鳴らしてくるバカがいる」と堀江さんが語っています。

 

はい、それ事務員をしていた昔の私です(笑)(笑)(笑)

それがマニュアルで、受信したかを毎回確認してました。

 

わたしはもともと電話が嫌いで、いつも送ってるんだから届いてるだろと思いながら毎回受信確認の電話をしていました(笑)

FAXなんて短縮使って送ってるし、届かなかったらエラーって出るし。

電話しても「はいー、届いてますー失礼しますー」みたいな電話の切り方されたこともあるし。

 

はーバカみたい。とか思ってました(笑)

こんな時間の無駄なことに自分の時間は使いたくないですね。

 

辞めて正解!(笑)お前にあげる時間はねぇ!

 

本を読むっていいなって思えました

 

もともと読書が嫌いなわたし。

だから語彙力にも乏しいのです。知っています。

 

そんなわたしが一気に読みきった本だったので紹介してみました。

 

 

読みきって、読書っていいなぁって思いました。(単純)

もっと本読みたい!と思わせてくれた堀江さんに感謝です。

 

人の感情を動かせる人ってすごいなぁ。

 

なんだか、漫画バージョンもあるみたいです。

わたしみたいな読書苦手な人にはいいかも。

created by Rinker
¥1,100 (2020/02/24 07:50:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

わたしはAmazonプライム会員なので無料で読めました。

 

税込月々400円なので、この本読んだだけでもう既に得してる!!!

年間会員だと税込3900円なので1ヶ月325円と破格……

映画も見れるし音楽も聞けるからなんだかお得すぎやしないかい?

 

他にも無料で読める本がたくさんあるので、ぜひみんなもチェックしてみてください!

 

30日の無料体験もあるみたい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)