100%共感!ワーキングホリデーあるある70選inオーストラリア

 

オーストラリアのワーキングホリデー経験者なら絶対共感できる!

 

これからオーストラリアのワーキングホリデー行く人も、オーストラリアのワーホリの心構えができる!(かも)

 

そんなワーホリあるあるinオーストラリアをまとめました!

 

藤桜みい
藤桜みい

絶対「分かるー!!!」ってなるよ!w

 

 

 

Contents

ワーキングホリデーあるあるinオーストラリア

 

オーストラリアのワーホリでは、日本では経験できないことをたくさん経験することができます(いい意味でも悪い意味でもw)

 

オーストラリアのワーホリ経験者ははみんな経験しているじゃなかろうか、というワーホリあるあるを紹介します。

 

 

・初めての長距離飛行機が辛すぎる

 

東京からシドニーまで、直行便で10時間かかります。わたしにとって、飛行機が何より辛い……(笑)

 

初めて海外に行く人や、近いアジア圏の国しか行ったことない人には、長くて辛い旅になるかもしれません。

 

長距離のフライトは寝るのがオススメなので、寝たい人にはネックピローは必須!!膨らませて使う、折りたたみのネックピローだとかさばらなくていいですよ!

 

Purefly ネックピロー U型 手動プレス式膨らませる 旅行用 飛行機 バス オフィス 自宅 収納ポーチ付
Purefly

 

 

・空港の水の値段に驚く

 

オーストラリアの空港に着いて一息!水を買おう!と思うと一番安い水3.7ドルだ(約296円)と……?いやいや高すぎな!!!(1ドル=約80円:2018年9月1日現在)

 

空港には水飲み場がある場合があって、そこで水をくんでいる人が結構いるので、節約したい人はマイボトルを持って行くのをおすすめします!(わたしの友達はトイレの蛇口の水をくんで飲んでましたw)

 

最近はシリコンボトルもあって、折りたたみできて便利です!ワーホリで大活躍しました!

 

created by Rinker
ワールドクリエイト(WORLD CREATE,INC.)
¥1,492 (2020/02/28 23:36:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

・芝生の公園がたくさん!

 

一面芝生の公園がたくさんある!

 

日本にも芝生の公園がたくさんあればな〜

 

 

・公園の大きい木の下には誰かしらがいる

 

公園の大きい木の下の日陰には、常に誰かしらがいます!

 

本を読んでる人、お昼寝してる人、ピクニックしてる人など様々。

 

スーツでお昼寝してる人見たときは、休憩に公園でお昼寝とはなんて素晴らしいランチタイムなんだ!と思いました(笑)

 

芝生でのんびりするにはレジャーシート・ビーチタオルがぴったりです!バスタオル引いてる人も見たことあります(笑)

 

 

 

・太陽の光がジリジリ痛い

 

日本と同じくらいの温度だとしても、肌に太陽の光が刺さるように痛いです。

 

日本の日焼け止めも売ってますが少し割高SPF値が高いものを持参するのをおすすめします!

 

 

 

・サングラスはおしゃれじゃなくてマスト

 

サングラスはおしゃれだと思ってたワタシ。

 

オーストラリアでわたしは、日本では経験したことのない太陽の光まぶしー!!!!と騒いでいましたw

 

目も日に焼けて赤くなることもあるので、UVカットのサングラスは必須!

 

 

・やったことないサーフィンがしたくなる

 

オーストラリアの海に行くとサーフィンしてる人がたくさんいます。

 

そんな人たちを見ると、今まで一度も挑戦したことのないサーフィンに挑戦したくなります

 

そしてレンタル屋さんに行ってみると料金が結構高いので諦めて後回し。

 

今度やろう、次来た時やろうって思ってるうちに帰国日になります(笑)

 

・冬はちゃんと寒いことを知る

 

オーストラリアに住むまで、オーストラリアは夏の国だと思っていました。

 

ケアンズなど、北の街は冬でも結構暖かいですが、シドニーやメルボルンなどはちゃんと寒いです。(笑)

 

小さく折りたためるダウンをちゃんともっていけばよかったと後悔しました。

 

 

・クリスマスには雪が降ってほしいと思う

 

季節の真逆なオーストラリアのクリスマスはもちろん雪なんてものは降らず灼熱の太陽の下でBBQをすることになります。(笑)

 

雪が降ってて、イルミネーションが綺麗で、あー寒いねって彼氏にくっつくみたいな日本のクリスマスが恋しくなります。(ちなみに彼氏はいません)

 

そしてスーパーを含めお店は全て閉まります。前日にみんなでお酒を爆買いして、クリスマスに備えます(笑)

 

・正月感が皆無

 

もちろんクリスマス同様、オーストラリアのお正月は日本のようなお正月感はありません

 

お餅も食べないし、福袋なんてものもありません。

 

わたしはその頃田舎町に住んでいたので、田舎町のネイティブが開いてる年越しパーティに誘われて、満点の星空を眺めながらカウントダウンをするという経験をしました。

 

今まで見た星空の中で、忘れられない一番綺麗な星空だったな〜

 

 

・裸足で出歩く人がけっこ多くてびっくりする

 

オーストラリア人は、ちょっとした坂道でも、スーパーの中でも、商店街でも裸足の人を見ます。

 

いつも、大丈夫?足の裏痛くない?怖くない?どんだけ足の裏強いの?って思ってました。(笑)

 

ビーサンは当たり前ですね!大きい街ではさすがにあまり見ませんが。

 

夏はビーサンしか履きません!

 

created by Rinker
havaianas(ハワイアナス)
¥1,101 (2020/02/29 06:43:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

・公共の場でも上半身裸

 

公共の場(バスも含む)でも上半身裸の人がいます(笑)

 

住んでしまうと当たり前になるのですが、日本に帰って来て、あ、そうだ、上半身裸で出歩くのは普通のことじゃなかったんだった。って気づきます(笑)

 

 

・ビスケット食べる?とティムタムが出てくる

 

オーストラリア人にビスケット食べる?と言われて食べる!というと出てくるのがティムタム(笑)

 

オーストラリア人はこんな高カロリーのティムタムをビスケットと呼ぶのか…と思いました。

 

created by Rinker
Tim Tam(ティムタム) オーストラリア
¥497 (2020/02/28 23:36:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

・ティムタムの食べ過ぎのせいで太る

 

ティムタムは高カロリーです。1つで約100キロカロリーです。

 

1袋で約1100キロカロリーあります。

 

何が言いたいって、美味しすぎて、1袋なんてあっという間に食べ終わります

 

そしてセールをやってることが多いので買ってしまいます。結果たくさん食べてしまいます。

 

太ります!!!!!!!気をつけて!!!!!!!

 

ちなみにわたしはダークが好きです。w

created by Rinker
Tim Tam(ティムタム) オーストラリア
¥497 (2020/02/28 23:36:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

・ベジマイトが好きな人は地球の外から来たのかと思う

 

オーストラリアといえばこれ!ベジマイトというパンに塗るものすごくまずい、よくわからないペースト状のものがあります。

 

本当にまずいです。例えるとしたら、ごはんがすすむ君を10年放置して腐り具合を極めた感じです。(語彙力)

 

外人みんながまずいと口を揃えるのですが、ごく稀に、ベジマイトが好きで毎朝食べてる人とかに会います。

 

地球外から来たのではないかと疑うほど、まずい食べ物です。(失礼)でも一度は絶対挑戦して見るべき!!!

 

created by Rinker
VEGEMITE
¥699 (2020/02/29 06:43:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

・パーティといえばビアポンになる

 

みんなでパーティ!となれば必ずやるゲームがビアポン

 

ビアポンとは、テーブルの両端にカップを6つずつ画像のようにピラミット状に並べて、ピンポン玉をテーブルの両端から投げて、ピンポン球が入ったカップを入れられた側が飲むという飲みゲームです。

 

このビールがだんだんぬるくなってまずくなるまずくなる(笑)このゲームで飲むビールは好きじゃない!

 

ワインでやる人もいて、みんながベロベロになります(笑)

 

 

・ミーゴレンにハマる

 

ミーゴレンというインスタントヌードルにハマります。おいしいです。インドネシアの辛焼きそばです!

 

安くておいしいので、一度はみんな主食にしたことあるはず!!(笑)

 

 

・ミーゴレンに目玉焼きを乗せるのがおいしい

 

たまーに贅沢で目玉焼きをミーゴレンに乗せて食べます。ズボラな人は生卵をそのまま投入します(笑)ものすごく美味しいです。

 

 

 

・ソーセージがまずい

 

ソーセージの皮がやわらかくて、日本のソーセージのようにパリッとしません

 

みんな表面の皮をむいてから料理しています(笑)それって普通の肉を買ったほうがいいんじゃ……

 

・毎日パスタを食べている男性が多い

 

結局パスタが安くて簡単!ということで毎日パスタばっかり食べてる男性がたくさんいました(笑)

 

 

・コールス派かウールワース派で意見が分かれる

 

これはオーストラリアにある二大スーパーの話なのですが、コールスウールワースがあります。

 

この論議が意外と盛り上がります(笑)

 

わたしはちなみにコールス派です。コールスブランドのサラミにハマってコールスばっかり行ってました。

 

 

・大人数で話してるとき、理解できなくても理解してるふりをする

 

英語初心者のときは理解できないことが多く、グループで話をしていると「それって何?」って聞いて話の流れを止めるのが嫌で理解したふりをすることが多かったです。(笑)

 

理解ふりをしてて、突然自分に質問とかされちゃうと理解したふりをしてるのがバレて恥ずかしい思いをします。(笑)

 

話の流れを止めてもいいんです。ちゃんと聞きましょうね!!!!!

 

 

・おしゃれをしなくなる

 

オーストラリアの田舎町に住んでいると、おしゃれをしなくなります。

 

メイクして、おしゃれしてってやってると、あれ、わたしは一体なんのためにおしゃれしてるんだろう?と思う時が来ます(笑)

 

田舎町ではおしゃれしてる人はほとんどおらず、みんなTシャツにジーパンにビーサンというスタイルです。

 

だんだんとオーストラリアに染められて、Tシャツにジーパンにビーサンというスタイルになります(笑)

 

 

・ファーム(農場)で働くと1ヶ月化粧しないこともざらにある

 

ファーム(農場)で働いてるときは、汗もたくさんかくし、日焼け止めを何度も塗り直すので化粧はしません

 

休みの日も、田舎町でやること行くところもないので化粧をしません。

 

そういう生活を何ヶ月も続けていると、1ヶ月化粧してない!なんてこともざらにあります。(笑)

 

 

・すっぴんでの外出が苦じゃない

 

オーストラリアの人は他人を気にしていません。

 

それに気づくとすっぴんで出かけても苦じゃなくなります。(笑)

 

 

Kmart最強説

 

Kmartという、服も化粧品も日用品も家具まで売ってる、なんでも売ってるホームセンターみたいなお店があります。

 

Kmartに行けば生活する上で必要なものが全て揃うし、雑貨などは可愛いものが多いので、Kmart最強説。

 

 

・コアラは3匹に1匹が臭いと噂が回る

 

オーストラリアといえばコアラ。

 

動物園にいくとコアラを抱っこして一緒に写真を撮ることができます。

 

わたしは抱っこしたことないのですが、結構いろんな人が抱っこを経験しています。

 

すると抱っこできるコアラは3匹いて、3匹に1匹は臭いという噂が流れ出します(笑)

 

事実かどうかはわかりませんが、何回も聞いたことがありますw

 

 

・カンガルーと一緒に自撮りしてみる

 

オーストラリアといえばコアラだけではなくカンガルーもいますね!

 

カンガルーが住宅街に出現することがあるほど身近な動物です。

 

カンガルーと一緒に自撮りに挑戦してみようとするのですが、これがなかなか難しいんですよね。

 

 

・カンガルーを食べてみる

 

オーストラリアには、豚肉、牛肉、鶏肉のようにカンガルーの肉がパック売りされています。

 

せっかくオーストラリアに来たんだから……と一度は挑戦してみます。値段も高くありません。

 

 

・カンガルーの肉は好き嫌いが分かれる

 

カンガルーの肉はクセがあるので好き嫌いが別れます。

 

ちなみにわたしは嫌いです。血臭かったです。レバーが苦手なわたしには合いませんでした。

 

 

・店が早くしまる

 

お店が結構早く閉まります

 

5時くらいからだんだん閉まり出して、商店街のお店などは7時頃にはほとんど閉まります。

 

 

・日曜日祝日は多くの店が閉まってる

 

日曜と祝日は閉まるお店が多いです!

 

特に祝日はスーパーも閉まります。結構困ります。

 

オーストラリアには日本のようにコンビニがどこにでも、たくさんあるわけではないです。

 

祝日の前日にスーパーに行くのは必須です!!!お気をつけて!!!

 

 

・祝日はやることがなくて海に行く

 

祝日はほとんど全てのお店が閉まるので、やることがありません。

 

家にいても暇なので、みんなで海に行ってBBQとかします。

 

 

・家を探すときはWifi重視する

 

シェアハウスを探すとき、だんだんWiFiを重視するようになります。

 

WiFiがないと、本当に暇で枯れてしまいます(笑)

 

シェアハウスを探す時、WiFiの表記がない場合はWiFiがない場合があるので必ず確認しましょう!

 

 

・光熱費が家賃に含まれているところを選びがち

 

シェアハウスを探していると、光熱費が家賃と別になっているところがあります。

 

週10ドルくらいだから〜と言われても、シェアメイトが電気をたくさん使う人(ヒーター・クーラー付けっ放しとか)だと10ドル以上かかることもよくあります。

 

家賃に含まれているところを選ぶのが楽です。心配しなくていいですし。

 

・オージーに話しかけられて、自分の拙い英語が伝わると感動する

 

オーストラリア人は気軽に話しかけてきてくれます。

 

そこで自分の下手くそな英語が伝わると感動します(笑)わ、自分の英語伝わるじゃん!みたいな(笑)

 

 

・みんな外人の彼氏・彼女が欲しくて張り切る

 

外人の彼氏を作ると英語が伸びるとよく言いますよね。

 

外人の彼氏・彼女が欲しくて張り切ってる人にたくさん会いました。

 

わたしは最初欲しかったけど、やっぱり日本人男性が好きみたいです。

 

 

・オージーは気軽に仕事を休む

 

オーストラリア人は結構気軽に仕事を休みます。

 

気軽にホリデーとるし、ちょっと具合悪かったら休むし。

 

文句言う人はもちろん誰もいません。いい国。

 

ちなみにドイツもいい国です。記事にしたので興味がある方はどうぞ!

 

https://thisismefuji.net/howtoworkingermany/

 

 

・電話をかけると平気で15分とか待たされる

 

問い合わせ電話で電話をかけると、音声ガイダンスで「今待ってる人が15人います。」とか言われます。

 

15人て……と思いながらも電話はしなければいけないのでスピーカーにして待ちます30分とか1時間とか待ちます。(笑)

 

 

・クラブのお酒が高くて引く

 

シェアハウスのみんな、クラスのみんなでクラブに行きます。

 

お酒が1杯10ドル以上するので、その値段にドン引きします(笑)

 

 

・鳥に襲撃される

 

何もしてないのに、木のそばを通ると鳥に襲撃されることがあります。

 

しかもやや大きめの鳥に(笑)オーストラリアの鳥は激しいのね……

 

 

・サマータイムに時計を変えることがワクワクする

 

人生初のサマータイムにワクワクしながら寝て、サマータイム開始当日の朝、起きて時計の時間を変える時に謎にワクワクする(笑)

 

 

・日本語の下ネタを話す外人に会う

 

たまに日本語の下ネタを言ってくる人がいて、あぁ、別の日本人に教えられたんだろうな(笑)と謎にその教えた日本人との繋がりを感じる(笑)

 

そういう人に限って日本を大好きになってくれてたりするので嬉しい。

 

 

・日本人だからとアニメの話をされる

 

わたしを日本人だと知って、アニメの話を興奮気味に話してくる外人がいるのですが、アニメを見ないわたしにはなんの話をしてるかさっぱりなのです。

 

そしてわからないと答えると「えー?!日本人なのになんでわからないのー?!」とびっくりされます(笑)

 

 

・カジノに行く

 

オーストラリアにはもちろんカジノがあります。

 

日本にはないので、日本人は行きがちです。そしてハマっている人を何人も見ました。

 

ちなみにわたしは行ったことないです。

 

・自販機がない

 

厳密に言うとあるんですが、駅に1個あればいい方。

 

ほとんどないし、種類も5種類あればいい方です。

 

 

・コーラが4ドル

 

500mlのコーラが4ドルもします。高いです。お願いします。やめてください。(泣)

 

 

・物価が高い

 

オーストラリアは物価が高い!その分時給も日本より高いですが。

 

 

・パック売りの肉の1パックの量がえげつない

 

バック売りの肉は1キロとか当たり前です。

 

日本みたいに100グラムの豚バラとか売ってません(笑)

 

ハムも足1本で売ってます(笑)いつも誰買うんだろう……って思ってたのですが、買っている家族がいました。

 

もちろん量り売りで買うこともできます!

 

 

・クラスメイトに通じる英語がネイティブに通じなくて落ち込む

 

学校に通っていると、クラスメイトにだんだんと自分の英語が通じるようになります。

 

そんな時にネイティブと喋って「なんて?」と聞き返されて落ち込みます。(笑)

 

 

・上半身裸でランニングしてるムキムキな人がたくさんいる

 

最初はびっくりしましたが、上半身裸でランニングしているオーストラリア男性がたくさんいます。

 

みんなガタイがよくてムキムキです。すごいです。(語彙力)

 

 

・履歴書配りに心が折れそうになる

 

仕事を探すために、たくさんのお店に行って履歴書を配ります。

 

お店の人に煙たがられたりはしませんが、なかなか連絡が来なくて心が折れそうになります。

 

 

・お寿司がお寿司じゃない

 

オーストラリアのお寿司はお寿司じゃありません

 

オーストラリアのお寿司といえば「サーモンアボカド」サーモンとアボカドの海苔巻きです。

 

生魚はサーモンばかりで、たまにマグロが売ってます。他の種類の生魚はほとんどありません。

 

 

・お別れのとき、日本人同士でもハグするようになる

 

日本人同士でハグをする習慣はあまりありませんね。

 

オーストラリアで引っ越す時などのお別れの時は、ハグしてお別れします。

 

どさくさに紛れてイケメンとハグできます。(小声)

 

オーストラリアにいると、日本人同士でもハグするようになります

 

藤桜みい
藤桜みい

ハグっていいよね。日本もハグの文化にならないかなぁ。

将来の旦那(イケメン)
将来の旦那(イケメン)

イケメンとハグしたいだけだろ。

藤桜みい
藤桜みい

そ、そんなんじゃ……!!!!!(焦)

 

・電話がかかって来るとビビる

 

突然電話がかかってくるとすごくビビります。(笑)

 

出るか出ないか悩んで、結果、すごく小さな声で「ハロー」と出ます(笑)

 

・公共の場でお酒が飲めない

オーストラリアでは道端でお酒は飲めません

 

歩きながら飲酒はもちろんダメ。公園でお酒飲むのもダメ。

 

 

・韓国語覚える

 

オーストラリアにはたくさん韓国人がいて、同じアジア人で日本が好きな人も多いので、仲良くなることが多いです。

 

韓国人と仲良くなると、韓国語を覚えたくなります(笑)アニョハセヨ〜チンチャ〜

 

 

・2リットルアイスが最高

 

オーストラリアでは2リットルのアイスが定番です。

 

2リットルのアイスをそのまま抱えて食べるのが幸せです。太ります。ご注意を。

 

 

・箱ワインで悪酔いする

 

箱に入ってる安いワインでパーティします。悪い酔いします。次の日二日酔いです。

 

 

・雨の予報でも傘は持たない

 

雨の予報でも傘は持ちません。

 

オーストラリアでは雨でも傘をささない人がおおいです。

 

 

・年齢気にせずタメ口

 

オーストラリアであった日本人とは、年齢を気にせずタメ口で話します

 

仲良くなれるからわたしはタメ口で話したいしタメ口で話してほしい!

 

https://thisismefuji.net/aboutage/

 

 

・でも初対面はガッチガチの敬語

 

日本人との初対面はなぜか異常に緊張します。

 

 

・日本のことをあまり知らないと思い知る

 

日本って〜なんでしょ?と聞かれて、え、知らないそうなんだ……となることが結構ある

 

意外と日本のこと知らないんだな〜と気づける。

 

・とりあえずジャパレスで働く

 

英語初心者のうちはとりあえずジャパレス(ジャパニーズレストラン:日本食レストラン)で働きます。

 

そしてわざわざオーストラリアまできてるのに、なぜ日本人と働かないといけないんだと思う時が来ます。

 

特に無駄に威張り倒してる日本人とかがいると余計に。

 

 

・学校の先生が普通に休む

 

学校に行って、席についていくら待っても先生が来ない。なぜだ。と思って聞きに行くと、「あ〜○○先生は今日休みだよ」と言われる。

 

えぇぇぇえええぇぇえええぇ!

 

となることが結構ありました(笑)

 

 

・セカンドビザ取るためにファーム(農場)で働く

 

セカンドビザを取るためにファーム(農場)で働きます。

 

そこからファームにハマってファームでしか働かない人が出て来ます。わたしです。

 

 

・虫に強くなる

 

ファームで働いていると、ものすごく大きいクモとか、たくさんのミツバチとか、気持ち悪いよくわからない虫にたくさん出会います。

 

いやでも彼らは体にくっついてくるので、虫に強くなります。

 

日常生活でいままで驚いてたような虫に驚かなくなります(笑)

 

 

・ファームで誰かしらが付き合い出す

 

ファームで誰かしらが付き合い出します。これは本当あるあるですね。

 

別名ファームマジック

 

オーストラリアという広い世界の中のファームという狭い世界で出会い、生活を共にする2人が惹かれ合いお付き合いに発展するパターン。

 

わたしも経験者です。(小声)

 

 

ワーキングホリデーあるあるinオーストラリアまとめ

 

いかがだったでしょうか!

 

経験者は首が折れるほど頷いてくれたのではないでしょうか!!!

 

今からワーホリに行く人も、参考にしてくれると嬉しいです。これらは絶対にあなたの身に起きますよ!!!

 

 

https://thisismefuji.net/schoolinabroad/

 

https://thisismefuji.net/workingholidayinaustralia/

 

https://thisismefuji.net/farminaustralia/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)